ブラッシングなどで、本人がセラピーアニマルを可愛いと思った場合に「優しさのホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌され、結果としてストレス軽減や心の癒しに結びついているのです。
「体脂肪率(body fat percentage)」とは、人体の中の脂肪の占めている度合いのことを指し、「体脂肪率(body fat percentage)=体脂肪量(キロ)÷体重(weight、キロ)×100」という計算で確認できます。
ハーバード・メディカルスクールの調べによると、通常のコーヒーと比較して1日あたり2~3杯のノンカフェインコーヒーを代用することで、直腸ガン発生率を半分以上も減少させたという。
子どもの耳管の特性は、大人のそれに比べると太い上に短めの形で、且つ水平に近いため、雑菌が侵入しやすくなっています。子どもが急性中耳炎を発病しやすいのは、この作りが関わっています。
お年寄りや慢性的な持病を患っている人は、極めて肺炎を発病しやすく治るのが遅いという傾向が見られるので、予防策の徹底や早めの処置が肝要なのです。

AIDS(エイズ)とはヒト免疫不全ウイルス(human immunodeficiency virus)の感染が原因となって引き起こされるウイルス感染症の病名であって、免疫不全となり些細な細菌などによる日和見感染や悪性新生物などを複数発病する病状の事を称しているのです。
体脂肪量(somatic fat volume)には変化が見られず、体重が食物・飲料の摂取や排尿などにより一時的に増減するような時、体重が増えた人の体脂肪率(body fat percentage)は下がり、体重が減少した人は体脂肪率が高まることがわかっています。
食中毒を引き起こすことのあるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」の意)はパープルに染色されるグラム陽性球菌で、大別すると毒の極めて強力な黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん)と毒素が強くないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2種が存在するのです。
このサイトより、閲覧可能です。
脳内の5-HT神経は、自律神経のバランスの調節や痛みを抑制し、様々な器官の覚醒などをコントロールしており、気分障害(鬱病)の患者ではその動きが低減していることが判明しているのだ。
亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA)やタンパク質の合成に関わる色々な酵素や、細胞や組織の入れ替わりに深く関わる酵素など、約200種類以上存在する酵素の構築成分として非常に重要なミネラル分です。

肥満(obesity)の状態は前提として摂取する食物の栄養バランスや運動不足などが素因ですが、内容量は変わらないごはんでも、慌ただしく食べ終わる早食いをすることによって肥満(obesity)の状態を招く結果になります。
自動体外式除細動器(AED)は医療資格を保持していない非医療従事者でも利用する事のできる医療機器で、機器本体からの音声ガイダンスの指示通りに手当することで、心臓の心室細動に対しての緊急処置の効き目をみせてくれます。
日本における結核対策は、1951年施行の「結核予防法」にならう形で推進されてきましたが、半世紀が経過した2007年からはその他の感染症と等しく「感染症予防法」という法律に沿って実行されることに決定しました。
黴菌やウィルスなどの病気を発生させる病原微生物、すなわち病原体が肺へ入り込んで伝染し、肺の内部が炎症反応を呈示した有様を「肺炎」と称しています。
緊張性頭痛とはPC使用などによる肩こり、首筋の凝り、張りから来る日本人に多い頭痛で、「頭を締め付けられるような激しい痛さ」「頭が重苦しいような頭痛」と言われることが多いようです。