BMI(体格指数)の計算式はどの国でも等しく同じですが、数値の評価レベルは各国異なっていて、(社)日本肥満学会ではBMI値22が標準、BMI25以上は肥満、18.5未満だと低体重と位置付けています。
亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA)やタンパク質の合成に作用する特別な酵素や、細胞や組織などの代謝機能に必要な酵素など、約200種類以上ある酵素を構築する成分として絶対なくてはならないミネラル分だといわれています。
普通は水虫は足、中でも足指の間に発症する皮膚病だという認識が定着していますが、原因菌である白癬菌が感染する部位は足だけではなく、体のどこにでもかかる危険性があるので気を付けましょう。
収縮期血圧が140を超える高血圧が長期間継続すると、血管に強い負担がかかった挙句、頭頂からつま先に至るまであちこちの血管にトラブルがもたらされて、合併症を併発する割合が大きくなると言われています。
フィトケミカル(phytochemical)のひとつであるスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる揮発性の物質について、肝臓に存在する解毒酵素の正常な産出活動をサポートしているかもしれないという新たな可能性が明らかになってきました。

ジェネリックという医薬品は新薬の特許が無くなってしまった後に売られる、まったく同一の成分で負担分を少なく抑えられる(金額が安価な)後発医薬品のことを指します。
「体脂肪率(percent of body fat )」というものは、人の身体の中の脂肪が占めるパーセンテージであって、「体脂肪率(パーセント) = 体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(weight、キログラム )×100」という式によって把握できます。
様々な花粉症の緒症状(鼻水、酷い鼻づまり、連発するクシャミ等)のために夜しっかり睡眠を取れないと、それが災いして睡眠不足になり、翌朝目覚めてからの行動に悪いダメージを及ぼすことも考えられます。
黒ヘアーDXは高い効果を持ちます。
薬、アルコール、合成着色料を始めとした食品添加物等を特殊な酵素で分解して無毒化する働きの事を解毒と称し、多機能な肝臓の果たす大事な職務の一つと言えるでしょう。
吐血と喀血、両方とも口から血を吐くことに違いはありませんが、喀血の方は咽頭から肺をつないでいる気道(呼吸器の一種)から出血することで、吐血の方は十二指腸より上部にある消化管から出血する症状を言い表しています。

真正細菌の一種である結核菌は、菌を持っている人がゴホゴホと咳き込むことで外気に排出され、空中でフワフワ飛んでいるのを別の人が呼吸の際に吸い込むことにより次々に感染していくのです。
常在細菌のひとつであるブドウ球菌(スタフィロコッカス)は紫色に染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒力が極めてきつい黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…aureusは「黄金色」の意)と毒の脆弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2つになります。
ハーバード大学医学部の研究結果によれば、一般的なコーヒーと比較して1日2カップ以上デカフェのコーヒーを代用することで、驚くことに直腸がんの発症リスクを約半分も減少させたという。
くしゃみに鼻みず、鼻づまりや目の掻痒感・ゴロゴロするような異物が入っている感覚などの花粉症の辛い諸症状は、アレルギーの原因である花粉の放出量に比例するかのように酷くなる性質があるそうです。
狭心症(angina pectoris)の外科処置では大半の病院で「大動脈バルーンパンピング法(IABP法)」とグラフトを用いる「冠動脈大動脈バイパス移植術」の両方の術式が頻繁に実施されています。