なんとなく「ストレス」は、「なくさなければいけない」「取り去らなければいけない」ものとされていますが、実際は、私たち人は大なり小なりのストレスを体験するからこそ、生活し続けることに耐えられます。
感染症のポリオを予防する不活化ポリオワクチンは、長きに渡って使用されてきた生ワクチンに代わり、平成24年9月1日から正式に定期接種になり、集団接種ではなく病院などで個々に接種するスケジュール管理の必要な個別接種になりましたのでご注意ください。
子どもの耳管は、大人と比較して幅が広く短めの形状で、かつ水平に近いため、様々な菌が入り込みやすくなっています。乳幼児が急性中耳炎に罹りやすいのは、これが原因です。
悪性腫瘍である卵巣ガンは、正常ならばヒトの身体をガンから守る作用をする物質を作り出すための金型ともいえる遺伝子の異常が引き金となり発病してしまう病気だと言われています。
人間の体を維持するのに必要なエネルギー源としてすぐに使われる糖質、細胞の生まれ変わりに欠かせない蛋白質など、度の過ぎたダイエットではこれらのように活動を維持するために絶対必要な栄養成分までも乏しい状態にしている。

健康を推進するWHO(世界保健機関)は、人体に有害な紫外線A波の浴び過ぎが皮ふの病気を誘引するとして、19歳未満の人がファッション感覚で日焼けサロンを使用する行動の禁止を主に先進国に喚起しています。
環状紅斑(かんじょうこうはん)というのは輪状、つまりはまるい形をした紅い色の発疹・湿疹や鱗屑(りんせつ)など、皮ふ疾患の総称であって、誘因はまったくもって多種多様ということで知られています。
20代、30代で更年期になったら、医学用語で表現すると「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」という疾患のことを指します(この国の場合は40歳未満の女性が閉経する症状のことを「早発閉経(early menopause)」と称します)。
http://tamoxifen.xyz/
前立腺という生殖器は生育や働きにアンドロゲン、すなわち男性ホルモンが密接に関連していますが、前立腺にできてしまったガンも同じように、雄性ホルモン(男性ホルモン)に刺激されて大きくなります。
亜鉛は、デオキシリボ核酸やタンパク質の合成に関係する特別な酵素や、細胞・組織の入れ替わりに関係する酵素など、200種類以上も存在する酵素を構築する要素として非常に大切なミネラル分です。

物を食べるという行動は、食べたい物を気軽に口へ運んで数十回噛んで嚥下するだけだが、その後も人体は実に健気に活動し異物を人体に取り込むよう努めている。
ハーバード大学医学校(HMS)の研究によると、通常のコーヒーと比較して1日2カップ以上のカフェインレスコーヒーを飲用することで、恐ろしい直腸癌の危険性を5割も減らせたのだ。
UV-B波は、UV-A波と比較すると波長が短いという性質があるため大気中に存在するオゾン層で一部が吸収されるのですが、地表に達したUV-Bは皮ふの表皮内で細胞のデオキシリボ核酸(DNA)を傷つけたりして、肌に悪い影響を与えています。
内臓脂肪症候群であるとは言われていなかったとしても、内臓脂肪が多めに付着しやすいような悪質な肥満に陥ることに縁って、命にかかわるような生活習慣病を引き起こす可能性が高まります。
ポリフェノール最大の機能はV.C.や脂溶性であるビタミンEなどとは異なって、細胞間の水溶性の部分、脂溶性部分、そして細胞膜でも酸化を予防する効果を持っているのです。